もしもスターバックスが木材市場を運営したら・・・

現在のコーヒーブームの先駆者であるスターバックスが木材市場を運営すると、これまでは従事者のみが知っていた木材市場の全容をオープンに見られるようにし、エンターテイメント性が高い1つのカルチャーに成長させます。
そのようなオープンな雰囲気でエンターテイメントを高めるという術は、まさにスターバックスが先駆者となり新しいコーヒーブームを牽引するきっかけになった手法です。
スターバックスが世界各国に展開する前は外出先でコーヒーを飲む際に喫茶店を利用する方法しかありませんでしたが、喫茶店ではスタッフがコーヒーを淹れている様子を客が目にする事はできません。
一方、スターバックスではカウンターを挟み店員さんと注文に際するやり取りをした後、即座に背後にある様々なコーヒーマシンを用いて注文通りの品を作り上げます。
注文した品が目の前で作り上げられていくという様子はまるでショーを見ているようですし、これから口にする物が目の前で完成に近づいていく様子は安心感と充実感も得られます。
そういった今日では多くのコーヒーショップで取り入れられている仕組みをスターバックスは木材市場でも取り入れるので、森の中で成長し伐採を待っている木々を身近に感じられるようにしていきます。
工場見学のようにツアーとして訪れ目にする方法の他に、建築資材や家具製造を行っている業者のみに限らず、個人が気軽に森に訪れて希望する品種や年輪といった情報をスタッフにお伝えし、希望に応じた木を伐採し用途に応じてその場で加工しお渡しするという運営の仕方も行われます。
そのような体験型の木の買い方は先進性が強いので注目度が高く、買い方と共に木への注目度も向上するため木材市場が盛り上がります。
そして、日本は全国的に木が育成できるほどの自然が多い事に加えて質が高い木に成長させられる土の質なので、木を販売するサービスを全国展開しスターバックスの店舗のように各所を異なるデザインに仕上げ、場所自体を1つの名所に成長させます。

 

トップへ戻る