もしもウィル・スミスが木材市場を運営したら・・・

ウィル・スミスが木材市場を運営した場合には一見非常に瞬発力の良い市場となる可能性がある反面、問題が発生した際に効果的な解決を行うことができないばかりでなく、場合によってはそのすべてを放棄して逃げ出してしまうと言う印象を持つことも多いものです。これはウィル・スミスが演じる役のほとんどが非常にフランクで明るい性格の人物であり、また細かい事をあまりくよくよと考えない人物を演じることが多いことによるものです。
しかしプライベートのウィル・スミスは実は非常に思慮深く繊細な人物であると言う評判が多くなっています。ユーモアのセンスもその繊細さから来るものであり、様々なことを十分に考慮したうえでその場の雰囲気に合わせて自分の行動をあらかじめ決めるような面があることも知られています。そのため非常にフランクで明るい部分と物事を非常に緻密に考慮し準備を行う部分とが同居した人物であることから、この面を考慮すれば木材市場の上に適した人物と評価することもできるのです。
木材市場の運営は一般的な企業のように行えるものではありません。一般の企業の場合でも様々な外的要因により当初の計画を大きく変化させなければいけないことが多いのですが、木材市場の運営の場合にはその財源となる木材の栽培に非常に長い時間がかかってしまうため、計画の変更を余儀なくされたときにそれに対応することが非常に難しい側面があります。すなわち準備された材料ありきでその範疇で計画を変更することは許されても、変更できる範囲が非常に狭くなってしまう恐れがあるのです。このような切迫した状況の中で効果的に運営をするためには、今から様々な状況を緻密に認識し様々なことを事前に想定した上で行動することが必要となります。そのため、その点では緻密な考え方をすることができるウィル・スミスは非常に適した人物であると考えられる面もあるのです。その面が中心になることにより、映画などで見せる明るさやフランクな面も重要な要素となり、ウィル・スミスは木材市場の上に向いていると考えられる面があります。

 

トップへ戻る