もしもケビンコスナーが木材市場を運営したら・・・

ケビンコスナーは様々な映画に出演し、その映画のほとんどが世界中で大ヒット作となっている非常に有名な俳優です。彼の演技力は映画に迫力と真剣さを与えているとともに、非常にリアリティの高い場面を演出することができるため、多くの映画監督は彼を起用することでほとんどの映画を成功させるものとなっており、多くの映画監督から最も起業したい俳優として長くその人気を誇っている人物です。
そのケビンコスナーが木材市場を運営した場合には、一見自分中心の運営を行い早々に市場を破綻させてしまうと考える人が少なくありません。これは俳優として長く様々な映画で主役を演じ、自らが中心になることに非常に慣れている人物であると考えられる面があるからです。一般的にこのような人物は周囲の迷惑をあまり感じない部分があり、また自分の考えや行動が正しいと考えてしまう面が非常に強くなる傾向があることから、様々な状況変化によりその上が常に難しい局面を迎えがちな木材市場の上はあまり向いていないと考える人が少なくありません。
しかし実はケビンコスナーは木材市場の運営に向いているかもしれない側面があるのです。その理由はケビンコスナーが環境問題にも非常に強い興味を示し、過去に石油流出の問題があった際には私財をなげうってこれを除去する装置を開発し、実際に流出した石油を除去した実績があるためです。その時に開発した装置は現在でも様々な場面で利用されており、多くの石油会社の安全確保に大きく貢献しています。そのため、様々な場面に応じて自分ができることを最大限に行うと言う姿勢を示すことがあり、その発想が木材市場において非常に有意義なものとなる可能性があるためです。
ケビンコスナーが木材市場を運営した場合には知識の面では非常に乏しい部分があることから、優秀な側近を構えることで非常に効率的な運営を行う可能性があり、また大胆な構造改革を行う期待も持てるものとなっています。