もしもブルース・ウィリスが木材市場を運営したら・・・

もしもブルース・ウィリスが木材市場を運営すれば、これは予想以上に上手く運営をしてくれるのかもしれません。勿論、これは映画での彼のイメージという事もありますが、映画の世界で成功しているという事は、ある意味ではビジネスセンスがある事も証明しているというようにも考えられるからです。だから市場運営が出来るのかという事は別問題というようにも言えるのかもしれませんが、共通しているところも多いとも考えられます。特に市場が動く原理を理解しているという事は大きな意味を持つでしょう。市場が動くというのは人々の需要があるからで、それを満たすことによってビジネスは成功するという事になります。これは自分でビジネスをしている人からすれば当然なのですが、していない人からすれば全く理解出来ない事になります。ブルース・ウィリスは自力で成功を勝ち取っていますから、この厳しいビジネスの世界という物を知っている事は間違いないでしょう。とすれば、どのようにすれば人々の需要に応えられるのかも自分なりの答えは持っているという事が言えそうです。そして、その答えが市場の求めるものと一致すれば、大きな成功を此処で獲得するという事も出来る事になります。そのため、既にビジネスをある程度知っているという事は大きな可能性があると考えられるわけです。
これが公務員のような人の場合は、なぜ自分の給料がこの金額なのかという事すら分かりません。自分で稼ぐという事をしていないので、お金は天から降ってくるかのように考えてしまうわけです。ですから、自分の報酬が高いかどうかなども全く理解出来ませんし、仕事がそれに見合っているのかどうかも判断することは出来ないわけです。役所に行けば書類があり、仕事があるのが当たり前で、自分がそれを作り出すというような事も考える必要はありません。こうした感覚の人が市場に出てきても上手くいく事はありませんが、ブルース・ウィリスのようにビジネスが理解出来ている人は期待が持てるという事にもなるはずです。

 

トップへ戻る