もしも伊達政宗が木材市場を運営したら・・・

伊達政宗が木材市場を運営した場合、様々な面で非常に効率よく運営を行い、その成長に必要な新たな戦略や必要な施策を十分に実現すると想定されます。その面からすると非常に理想的な運営者となる可能性が高いと考えられるのです。
伊達政宗は江戸時代の伊達藩の藩主として非常に有名な人物ですが、関ヶ原の合戦では徳川方でしたたかな戦略で豊臣軍に打ち勝ったことでも知られています。徳川家康は天下統一の重要な立役者であったため、伊達政宗の智力と行動力を頼りにしながらその反面でも脅威に感じていました。そのため江戸から遠く離れた仙台の地を彼の拠点とし、参勤交代などでその財力を弱めようとしたのです。
今日の伊達政宗が木材市場を運営した場合には、行動力と智力から様々な戦略を打ち出し市場を非常に有益なものにすると考えられます。様々な戦略に長けていることから長期的に生産する木材の種類やその量などを予測し、数年後の木材市場を見越した生産計画を立てると考えられるのです。さらにこれらの計画をスムーズに実行するために障害となる様々な要因を積極的に排除し、効率的に進めると予測されます。
ただし伊達政宗は性格的に非常に気性の激しい部分も持ち合わせていたことから、自分に対して異論を唱える人物をことごとく排除するとも考えられ、企業として行動を起こす場合にはワンマン的な経営を行う傾向が非常に強くなってしまうことが懸念されます。戦国時代の武将は皆そのような面を持ち合わせていたのですが、木材市場と言う現代の生産活動を行う上では非常に問題となる面も多く、優秀な人材を排除してしまう危険性もある点が課題となります。計画通りに様々な物事が進んでいるときは非常に効果的な運営を行うと推測されますが、木材市場は天候の影響も受けやすいデリケートなものであるため、そのような状態に陥ったときのリスクが非常に高くなると考えられるのです。この点から、好調なときには非常に効果的な運営を行う可能性が高い反面、失敗した時のリスクは大きいと考えられます。