もしもスタンリー・キューブリックが木材市場を運営したら・・・

スタンリー・キューブリックは多くの大ヒット映画を製作した映画監督として知られています。映画の制作に関する才能は高く評価されており、また様々な小説を独自の視点で映画化することで、原作とは大きく異なる印象を持つものに仕上げることが多く、原作を読んだ人でもその映画を見ることで印象を大きく変えることが多い映画制作をする特殊な監督としても高く評価されてきました。基本的には原作に忠実に様々な内容を再現する映画監督が多い中で、原作者と意見を戦わせても自分自身の考え方やイメージを貫く姿勢は多くの話題作を生んでいます。
スタンリー・キューブリックが木材市場を運営した場合には、成功すれば非常に高い効果と利益を生むことができると考えられる反面、万が一失敗した場合には修復不能のダメージを受けてしまう危険性もはらんでいると推測されます。その理由はスタンリー・キューブリックの人間性によるところが非常に大きいのです。
スタンリー・キューブリックは非常に独創的な発想する人物と知られており、私生活もなかなか公にされていない部分が非常に多い人物です。それは良い映画を制作するために、非常にストイックな部分を持ちあまり外部の人との交流を好まない面があると考えられているのですが、もう一つは非常にシャイで自分のプライベートを他の人間に知られたくないと言う思いも強くあったと考えられます。そのため、スタンリー・キューブリックが木材市場を運営した場合には様々な外部の取引先とのコミュニケーションをうまく進めることができずに、多くのトラブルを抱えてしまう恐れがあると考えられるのです。これを回避するためにはコミュニケーションをしっかりと取ることができるサポートの人材を準備し、その人間がスタンリー・キューブリックとの信頼関係を構築することが非常に重要なカギを握ることになると考えられます。独創的な発想を効果的に市場予測に活かすことで、木材市場を大きく成長させる可能性があるのです。