もしもマイケルソールデルが木材市場を運営したら・・・

みなさんはマイケルソールデルを知っていますか?彼はとある企業の会長であり最高経営責任者です。多くの方が学校や企業などで1度は使ったことがあるであろう、パソコンで有名なデルの創始者としてさまざまな業績を残してきました。

 

もしもマイケルソールデルが木材市場を運営したならどうなるのか。彼の輝かしいまでの経歴を見てもらえればおのずとわかるはずです。

 

マイケルソールデルは1965年生まれで、テキサス州のヒューストンに住む裕福なユダヤ人家庭の中で育ちました。会社名にもなっているデルというのは、本来の苗字であるタールを英語化したものです。父親が歯科矯正医でしたので、幼いころから多くの事柄に触れながら成長していきました。また母親は株式仲売人をやっており、その影響を幼いころから受けていたマイケルソールデルは、早くからその才能を発揮していました。彼が12歳のころに流行っていた切手収集に目を付け、雑誌に切手カタログの広告を自分で作成し提出し、2,000ドルを稼いでいます。16歳の頃には新聞の新規購買勧誘を行うアルバイトをしていましたが、その中でも新婚家庭や転居者に着目して攻め続けた結果、18,000ドルを稼ぎました。

 

こうして幼いころから商才を発揮してきたマイケルソールデルは、コンピューターに興味を持ち始めます。ですが工学系の大学には進学せず、両親の希望でテキサス大学オースティン校に進学しました。厳しい学校生活のなかでパソコンを使い収入を得ていました。その後19歳の頃に1,000ドルという少ない資金を元手にパソコン会社を設立し、大学を中退して本格的な経営の道へと進みます。この会社が後に世界的企業であるデルとなっていくのです。

 

その後は、フォーチュン500入りやBusinessWeek誌などでさまざまな受賞をしたりと、現代まで非常に多くの活躍を見せています。

 

そんなマイケルソールデルがもしも木材市場の運営を始めたなら、幼いころから積み上げてきた商才を生かし、成功しない訳がありません。デルという世界企業のCEOでもあるため、そちらの方面とも提携し、世界的な企業に成長していくに違いありません。