もしもミルトン・フリードマンが木材市場を運営したら・・・

もしもミルトン・フリードマンが木材市場を運営したら、独自の哲学思想で木材市場を改善できる可能性があります。
ミルトン・フリードマンは貧しい家庭に生まれますが、頭脳明晰で成績が良く大学を飛び級して教授に出世します。
経済学で有名なシカゴ大学でシカゴ学派を発展させたのがミルトン・フリードマンです。
シカゴ学派の考え方は自由主義です。
徹底的に自由であることを賞賛しています。
何かを禁止しても誰かがやるので、禁止せずに自由にやらせるという極端な思想でもあります。
人間が自由であるために政府が守る原則が2つあり、自由主義は差別がなくなるほど平等になると説いています。
日本には豊かな森林資源があり、最近は木材の輸出量が増えたことで木材市場に活気が戻りつつあります。
ミルトン・フリードマンは自由を愛する最強と呼ばれる経済学者ですが、几帳面な人でもあります。
日本人も几帳面な人が多いので、ミルトン・フリードマンがもしも現在の日本にいて木材市場の運営を任されたとすれば上手くいく可能性が高いです。
彼の業績を見れば、上手くいかないほうが考えづらいです。
ミルトン・フリードマンがアメリカで生まれたのは幸運で、時代も彼の活躍をサポートしています。
1976年にはノーベル経済学賞を受賞し、当時のレーガン政権の経済政策に影響を与えます。
京都で開催された国際会議にも出席しています。
多くの業績を残したミルトン・フリードマンですが、過去の主な経済政策で彼が影響を及ぼさなかった例はほとんどないです。
深い信念と行動力で活躍したミルトン・フリードマンが森林市場の改革に乗り出したら、日本の構造改革にも影響を与えていた可能性があります。
フリードマンが生まれたのは1912年で、場所はニューヨークのブルックリンです。
20世紀初頭にかけてアメリカには多くのユダヤ人が移住しています。
フリードマンの両親も故郷のブダペストからブルックリンに渡っています。
1967年にアメリカ経済学会の会長になり大きな名声を得たフリードマンは、アメリカンドリームの体現者でもあります。

 

トップへ戻る