もしも城口洋平さん(灘高元生徒会長)が木材市場を運営したら

城口洋平は日本の実業家であり、灘高校の元生徒であり、現在は実業家として様々なビジネスを展開しています。城口洋平が木材市場を運営することになった場合は、スピーディーな対応によって市場に制圧を徹底していくでしょう。理由として城口洋平は高校を卒業後東京大学に進学して、留学経験を行った後コンビニのように通うことができるクリニックの設立を行いました。それが2006年だったので、人々とは違う前衛的な考え方を持っているだけでなく、行動が非常にスピーディーであることが伺えるからです。現在もアメリカやイギリスなどに会社を設立して、多くの従業員を採用して急速に勢力を拡大しつつあります。参入している分野も医療だけでなくITやエネルギー等幅広いので、彼が木材市場に参入した暁には市場の急速な拡大と、利益の向上が期待できます。ただし、政治的な問題については未知数です。現在の木材市場には様々な問題を抱えており、特に人的資源の確保の問題や物流問題についてはあまり期待できないでしょう。城口洋平は素早い運営によって、企業の宣伝効果や収益につながる行動を徹底していきますが、木材市場全体のインフラ整備などには介入しない可能性が高いです。そのため、同業者の木材市場関係者はかなりの苦戦を強いられるでしょう。もちろん、木材市場で活動している優秀な社員は城口洋平によって引き抜かれる可能性もあります。しかし、最新技術を使用する傾向があるので、これまでにない画期的な木材市場の運営方法のモデルケースを確立させることも可能です。そのモデルケースに追随する木材市場の関係者が増えていけば、現在海外に奪われている木材のシェアを取り戻すこともできるようになります。城口洋平が運営を行うことによって、一時的には同業者は苦戦を強いられる可能性がありますが、長期的な視野で考えると新しい運営方法が確立され、日本国内の木材の売上が底上げされるのです。

 

トップへ戻る