もしも仮面ライダー鎧武が木材市場を運営したら(2019・令和元年)

 

日本には各地に木材市場があります。
木材市場には競りに出される原木が並んでいます。
最近は海外からも多くの企業が日本の優れた木材を購入するために訪れています。
原木を買い付けに来る人は、用途に合わせて木を選びます。
競りがスタートすると担当者が原木を1本ずつ競りにかけていきます。
ライバルがいる場合は木の価格が上がっていきますが、ライバルがいない場合は落札することができます。
木材市場では木の断面に数字が書かれていますが、この数字は木の直径になります。
木材市場は木のプロフェッショナルが集まる場所なので、運営側は大変なこともあります。
もしも仮面ライダー鎧武が木材市場を運営したら、明晰な頭脳でスムーズに運営できるかもしれないです。
仮面ライダー鎧武は2013年10月6日から放映がスタートした特撮テレビドラマで、平成仮面ライダーシリーズの15作目になります。
モチーフは戦国武将で、ストリートファイト的なストーリーで人気を集めます。
和楽器が劇半に使われているのも仮面ライダー鎧武の特徴です。
得意なストリートダンスを止めてアルバイトをしている主人公は、変身すると仮面ライダー鎧武になります。
頭が良く正義感が強い熱血漢の主人公は、他人の危機を黙って見過ごせない性格です。
このような性格の人物は木材市場の管理者に向いています。
豊富な経験を持つ百戦錬磨のプロ達をまとめて対等にやり取りをするには、強さに加えてカリスマ性も必要になります。
仮面ライダー鎧武ならカリスマ性があり、個性の強いプロを上手にまとめることができます。
主人公は離れていたチームに復帰して戦いの日々に身を投じますが、木材市場の競りも商売人の戦いといえます。
変身しなくても高い身体能力と優れた適応力、相手に対する優しさを持っている仮面ライダー鎧武の主人公ですが
彼は自然も大切にしています。
長い低迷期を抜け出しつつある日本の林業に、管理能力のある強いリーダーがいれば鬼に金棒です。

 

 

 
トップへ戻る