もしも劉備(玄徳)が木材市場を運営したら(2019・令和元年)

 

木材市場を運営し大きくしていくためには、広い視野と状況を的確に判断する能力が必要です。目先の利益ばかりにとらわれて自分を取り巻く情勢を正確に見ることができない人物では、将来的に発展していくことが難しくなってしまうためです。中国で活躍した武将である劉備(玄徳)は、貧しい時代を切り抜き皇帝と呼ばれる地位まで上り詰めた人物として有名になりました。劉備(玄徳)の父親は役人として働いていましたが、劉備(玄徳)が幼い頃に他界してしまい経済的に困ってしまったことで有名です。父親の他界により収入が減ってしまうと、生活が貧しくなり活躍する場が少なくなってしまいます。そのような状況に置かれても劉備(玄徳)は、謙虚さとどのような状況においても感情を表に表さない性格で多くの人物との交流をしていたことで有名です。元々豪族であるという身分も関わらず謙虚な姿勢で接していく姿に、商売に成功した商人たちから慕われるようになります。劉備(玄徳)の能力を高く評価する人が多くなり、多額の資金を集めることに成功していきました。多くの資金を集める能力は木材市場に限らず、会社組織を運営していくのに必要不可欠です。商売の相手から信頼されることは、将来的にも安定した木材市場を運営していくことが可能だと考えることができます。豊富な資金と有能な仲間を集めることに成功した劉備(玄徳)の周辺には、商売相手だけではなく、会社を大きく発展させることが可能な人材を集めることが可能です。木材市場の運営には、商売の才能だけではなく木々の手入れなどができる人材も必要になります。優れた木を生育させるためには、身分だけに重きを置いた運営だけでは先細りしてしまうことが少なくありません。劉備(玄徳)は、高い身分の人たちだけではなく地位の低い人物とも平等に接していました。このような劉備(玄徳)の姿勢なら、難しい木材市場の運営でも成功することが可能だと考えられます。

 

 
トップへ戻る