もし曹操(孟徳)が木材市場を運営したら(2019・令和元年)

 

三国志でも有名な曹操(孟徳)は、家柄に左右されず才能のある人物を積極的に重要なポストに就けました。
また戦においては部下からの進言も素直に聞き入れ、何度もピンチを乗り切ったと言われています。
歴史に名を残す人物のなかには、家柄を重視したり部下からの進言を聞き入れない独善的な人物も少なくありません。
しかし曹操(孟徳)は適材適所や部下の意見も素直に聞き入れたからこそ、広大な中国全土を統一する魏の礎を築くことができたと言えるでしょう。
そんな曹操(孟徳)が木材市場を運営したら、まず部下の配置を見直すかもしれません。
年齢や勤続年数などに惑わされず、能力を見極め適切な場所に人材を配置し直すと考えられます。
木材市場は運営するトップだけではなく、それぞれの部門も重要です。
それぞれの各部門がより良い成果を上げるからこそ、木材市場全体の景気も良くなるでしょう。
成果を上げるためには適材適所な人材配置は重要なので、曹操(孟徳)が運営する木材市場はそれぞれの部門がより成果を出しやすくなると考えられます。
また部下からも活発に意見が出る会社は、社員同士の風通しが良くなります。
上層部の考え方だけでは上手くいかなかった課題も、部下からの意見を採用したことで事態が好転するのは、さまざまな世界で見られてきた良い出来事とされています。
運営のトップである曹操(孟徳)が部下の意見に耳を傾ける人なら、木材市場の中でさまざまな議論がされるでしょう。
議論することによってより良い意見が出され、それを曹操(孟徳)が採用すれば木材市場の飛躍的な成長に繋げることができます。
このように曹操(孟徳)が運営のトップなら木材市場に良いこともありますが、一方で利害関係が絡まないところでは厳しい対応をすることも珍しくありません。
曹操(孟徳)が運営する木材市場は社員の意見も活発に採用されやりがいのある現場である一方、ときに厳しい処分が下る緊張感も兼ね備えています。

 

 
トップへ戻る