もしも天王星で木材市場を展開したら(西暦2280年)

 

宇宙に輝く無数の星々へと地球人が移住していく、西暦2280年にはそんな未来が訪れているかもしれません。SF映画に登場するような、ドーム型の都市が無数に存在し、その中で人々が暮らしています。
太陽系第7惑星である天王星は、氷や水で構成された惑星だといいます。水が氷があるということは、それを利用して人々が暮らすこともできそうです。ただし天王星は非常に寒い星ですから、気象を操作する科学力が必要となるでしょう。また氷の層にたどり着くためには、高温のガス空間をくぐり抜ける必要があるといいます。天王星への旅路は、宇宙船でガス空間をくぐり抜け、ドームに覆われた街へとたどり着く、といった形になりそうです。
遠い未来なら、そうした環境であっても特殊な技術によって、水を活用し生活できる空間を作り出すことができるかもしれません。ドームの内側には、居住空間だけでなく人工的な自然も作られているでしょう。そこで木材市場を展開させたら、どういった発展が期待できるでしょうか。
地球から遠く離れて暮らしている人々にとって、地球原産の木材は非常に魅力がありそうです。遠い故郷である地球をイメージさせる素材として、家作りなどに活用されるかもしれません。輸送が非常に大変そうですが、その頃にはワープ航法が実現している可能性があります。地球を旅立った輸送船があっという間に天王星に到着する、といった時代になっているかもしれません。
天王星原産の木材も、地球で大きな人気を呼びそうです。天王星には原産の樹木が存在していませんが、地球原産の木を移植して、植林業が発展するかもしれません。同じ種であっても、全く違った環境で育てば、異なる特徴を持つことが期待できます。地球では作ることができない特別な素材として、天王星の木材が大きな注目を集めることになりそうです。
遠い星、天王星における人々の暮らしと木材市場は、どのように発展していくのか、想像が尽きません。

 

 
トップへ戻る