木材輸出におけるForce Majeureへの対策(2019・令和元年)

 

長い間衰退が続いて来た日本の林業は2017年頃から、中国向けの輸出量の急増に伴って増加傾向に転じました。輸出量の増加は、2019年になっても増加し続けて、将来に向けても増え続ける事が予想されます。輸出量の増加に伴って、関税など様々なForce Majeure(不可抗力)対策を立てる必要が生じました。木材輸出における、Force Majeure(不可抗力)への対策が必要になりました。
増加している中国向けの輸出木材の中心は、家具やバイオマス発電用の木材チップに加工される比較的安価な丸太材です。日本の木材が売れる理由は、経済発展に伴って中国国内の木材が不法伐採で減少した事や、不法伐採を禁止する法律が出来た事があります。それに加えて、今まで輸入していた東南アジア産の安価な木材の価格が急騰した事などが起因です。経済の潮目が変わり好況が続く中国経済が減退したり、海外産の安価な丸太材が出回ったら、価格が減少するリスクがあります。それらの対策のために、最新の木材加工機器を導入して、需要が安定していて高価格の加工精度の高い建築材の輸出比率を増やす試みが行われてます。輸送コストを下げるために、日本の林産地周辺の港湾整備や、その港に至るまでの交通インフラを整備して輸出に掛かるコスト削減を自治体が行ってます。中国以外の国でも木材価格が高騰しているので、リスク分散のために新規の輸出相手国の開拓も行われています。
それ以外にも関税や国際要因のForce Majeureで、中国とアメリカの貿易戦争の対策を立てる必要があります。アメリカによる中国への制裁関税で、中国のアメリカへの輸出の減少しています。日本が中国への輸出で急増している丸太は、アメリカなど海外向けの家具などの材料で使われているため減少するリスクがあります。そのための対策として、中国へ偏った輸出を近隣のアジア諸国へシフトさせるために、各国のニーズにあった木材に加工を行うために加工技術向上を行ってます。

 

 
トップへ戻る