ヴィジャヤワーダ(インド)の木材市場の現況(令和元年・2019)

 

ヴィジャヤワーダは、インドの南東部に位置する都市で、アーンドラ・プラデーシュ州に属しており、近年急激に発展を遂げた都市です。インドは近年IT産業などで世界有数の開発国ですが、ヴィジャヤワーダも過去は寒暖の変化が激しく、農業が気候によってその生産高が左右されるような地域でした。しかし都市化が進みIT産業が急激に発達したことにより、これまでの農業主体の地域から情報産業に従事する人口が非常に増えている地域となっているのが特徴です。
農業といっても気候の変化が激しいため、地域の経済を十分に満足するような生産高とはならず、そのため木材も十分に育たない気候であることからその需要のほとんどは海外からの輸入に頼っているのが実態です。令和元年の現況も木材の輸入高は以前にも増して増える傾向にあり、木材市場は需要が非常に多い実態となっています。
ヴィジャヤワーダは観光都市でもあり、海外から多くの観光客が訪れます。そのため。木材を利用した快適な建築物が非常に増えており、急激に都市化が進んでいます。日本からも毎年多くの観光客が現地を訪れ、急速に発展した経済を始め、インド特有の文化やその気候を堪能しており、自然の歴史と近代的な快適さを経験できる地域と人気があります。ホテルなどの設備も非常に充実しており、これらの建築物を建造するために木材の需要はさらに高まっています。
ヴィジャヤワーダは従来は農村地域でしたが、インド全体の急速なIT産業の発展により、急激に都市化に変化した地域です。そのため近年近代的な建築物を建造するために急激に木材の需要が増え、木材市場の取引が活発化しました。今後もこの発展とともに需要が伸びる傾向にあり、令和元年の木材市場の現況はこれまでにない需要の伸びを見せています。
ヴィジャヤワーダの特徴は人口が急激に増えており、さらに都市化が進んでいることから消費行動が非常に大きくなっている点です。木材の需要も非常に伸びており、多くの木材輸出国にとっては将来性を含めて非常に大きな市場となりつつあるのが実態です。

 

 
トップへ戻る