バサイ・ビラール(インド)の木材市場の現況(令和元年・2019)

 

バサイ・ビラールはインド西部のマハーラーシュトラ州にある都市です。人口は州内でも5番目の規模にあたる122万人ほどでムンバイの北50kmに位置しています。ムンバイはインドの西海岸に面するマハーラーシュトラ州の州都で、南アジアを代表する国内でも最大規模の都市です。市域には1248万もの人々が暮らしており、周辺都市圏を含めると2129万人もの人口を抱えています。バサイ・ビラールはムンバイ周辺の都市圏に含まれており経済活動は活発です。人口が非常に多い地域なので建設資材などに利用する木材の需要も多く、木材市場は好調に推移しています。ムンバイはインドでも最大の経済都市です。盛んな経済活動が行われているため不動産価格の高騰が続いています。木材市場の現況も好調ですが、この状況は今後も続くと予想されます。ムンバイには国全体の全工場雇用者数の約40%が集中しています。また全所得税収入の約40%と関税収入の約60%を計上する都市です。中心市街地にはインド準備銀行やボンベイ証券取引所、インド国立証券取引所やインド造幣局などがあります。様々な企業の本社や国外の金融機関、多国籍企業の拠点も多数存在します。さらにムンバイは州都なので連邦政府や州政府の職員も多い街です。金融業だけでなく娯楽産業もムンバイの重要な産業となっています。国内の主要テレビ局や衛生ネット局、出版社などの本社があります。インド映画業界でも国内最大とされるヒンディー語娯楽映画の中心地であり、ボリウッドとして世界的に知られています。ビジネスマンだけでなく観光客も訪れる街です。人口が多いためあらゆる産業に対する需要があります。バサイ・ビラールにはムンバイのベッドタウンとしての側面が存在します。ムンバイの経済が好調であるほど、バサイ・ビラールのような周辺都市の景気も良くなります。バサイ・ビラール周辺では経済発展が続いており、木材市場も好調な状況が続くと考えられています。

 

 
トップへ戻る