ラーンチー(インド)の木材市場の現況(令和元年・2019)

 

ラーンチーはインドの東側に位置する都市で、高原地帯であるため非常に涼しい気候である点が特徴です。また水の町で知られており、古くからの寺院や仏閣も多いことから観光地で有名な場所です。世界から観光客が訪れることも多く、空港も存在しています。
ラーンチーは古くから観光産業が中心で経済が成り立っており、主要な産業は一部で農業を行っている程度であり、大多数の住民が観光関連の業務に従事しているのが特徴です。そのため木材の生産も当然行われておらず、授業のほとんどが国内の他の地域からの購入や海外からの輸入に頼っている実態があります。これによりラーンチーの木材市場はほとんどが購入をするものとなっており、非常に特徴的なものです。
ラーンチーではインド全体の急激な文化の成長に伴い、高級ホテルが非常に増えています。海外からの観光客を迎えるために様々な設備を導入し快適性を高めているため、それに必要な建築材料の需要は非常に高まっており、木材の需要が急速に増える実態があります。そのため、ラーンチーの令和元年の木材市場の現況は例年にない輸入高であり、今後数年はこの状況が続くと予測されます。
ラーンチーに限らずインド全体が近年のIT産業の高度化により非常に大きな利益を得ている状態です。そのため、インド国内では急激に近代化が進んでおり、近代的な建築物が増える傾向になっています。都市部でも非常に豪華なホテルやその他の建築物が次々と建設されており、また老朽化した寺院や仏閣の修復も頻繁に行われているため、木材の需要も急激に増えているのが特徴です。しかしインド国内では木材の生産はほとんど行われておらず、そのほとんどが海外からの輸入に頼っている実態があり、特に近年ではIT産業に従事する人口が非常に増えていることから木材の生産量を極端に落ち込んでいます。ラーンチーも近代化が進んでおり、小さな田舎町と言う印象が強かったのですが現在では高級ホテルが立ち並び空港も整備されているのが現状です。

 

 
トップへ戻る