インドール(インド)の木材市場の現況(令和元年・2019)

 

インドールはインドにある町の1つであり、空港を通じて様々な都市と繋がっていることが1つの特徴となっています。人口が急速に増加していることもこの町の特徴の1つであり、200万人近くの方が住んでいるという情報もあります。人口が増えていることは木材需要に直結しており、木材市場は賑わっているとされます。インド全体が経済発展を続ける中で、その経済成長を強く支えているのもインドールの特徴です。町の中には様々なオフィスが軒を連ねています。人口の拡大、経済発展というこの2つのキーワードから導き出される要素は建築業界への需要拡大です。建設ラッシュが続いており、建設に必要な木材への需要は高い状態が続いています。それゆえに木材の輸出先としては選択肢に挙がりやすいと言えるでしょう。輸出をすることによって多くの売上が見込める可能性もあります。ただし、インドールまでの輸送費がかなりかかってしまうので、そのことには注意しておくようにしましょう。

 

インドールの現況を詳しく調べるために重要な要素があります。それは人口の増減です。インド全体としては世界トップの人口になる日が近づいているかもしれません。しかし、インドールの人口増減はまた別です。インドールの中で人口が増えているのか、止まっているのかを調査することにより的確な判断を下しやすくなると言えるでしょう。木材輸入先としてのインドールはどうでしょうか。インドールでは様々な木材が生産されており、東南アジアを始めとする国へと輸出されています。日本へも輸出されることがあるかもしれません。しかし、インドから日本への輸送費を考えると、必ずしも輸入することが正解とは言えない部分もあります。木材を購入する際にはそのことを踏まえておくことが大切です。木材市場が変化することによって、輸入することへのメリットが向上することもあります。その際には再び様子を確認することが重要と言えるでしょう。

 

 
トップへ戻る