アーグラ(インド)の木材市場の現況(令和元年・2019)

 

アーグラの木材市場は、経済が急激に活性化することによって木材の値段が高騰してきているのが現況です。今後もアーグラの人口が増えるのに従って建築資材や木工品としての木材を使う機会が増えていくことが考えられるため、値段が高騰することが予想されます。その上に近頃は自動車や工場の排ガスや光化学スモッグなどの影響で酸性雨が増えてきています。結果的に、山地に生えている樹木が?枯死する被害が起こっているのです。そのためアーグラの木材市場は小さくなっていく傾向にあると言えます。

 

ですのでアーグラで木材で出来た製品を作成するときには、外国からの輸入に頼ることも多いです。熱帯雨林などに生えているマングローブなどの林はインド政府が保護しているため、ある程度減るのを食い止めていますが酸性雨の影響で深刻な被害を受けることが予想されます。政府は2017年頃からボランティアを集めて木を植える活動を行っていて、自動車や工場の排ガスなどの環境問題に関しても対策し始めているのです。ですので今年度以降は木材市場が縮小するのも収まってくる可能性が残されています。

 

ただし木材市場が小さくなっている状態が続いているのが現況なため、アーグラで質の良い木材を調達することは困難な状況です。木材にまつわる建築や木材加工のマーケットでも経営規模が縮小してきているため、投資などを検討している場合は注意する必要があります。その一方で、他の日本を含めた国々から輸入する量が多くなってきているのが現況です。建築資材や家具は中古品などでも高い値段で買い取られるため、アーグラに木材を輸出する取引は有利に進められる可能性が高いと言えます。

 

アーグラで高い価格で買い取ってもらえる木材は、ヒノキや杉など熱帯雨林しかない地域では入手するのが困難な種類で、中でもヒノキについては日本産も高値で取引されている傾向です。このことから環境問題により木材が被害を受けマーケットは小さくなっていて、輸入木材が高騰していることが分かります。

 

 
トップへ戻る