ラージコート(インド)の木材市場の現況(令和元年・2019)

 

ラージコートはインドの中でも、木材市場が比較的盛況な都市です。
インドは人口増加に伴い、国内の木材需要が伸びている状況で、年々増加傾向にあります。
中でもこのラージコートは、人口100万人を超える大都市の1つで、観光地としても注目を集めているといえるでしょう。
当然ながら移住者も多く、住宅を始めとした木材の需要が高まっているのが現況です。
人口増加と共に経済発展が著しく、自然と木材市場が活性化される状況となっています。
また、人口が多く物の流通も盛んなことから、ラージコートは木材市場の要でもあります。
この都市で取引される木材だけでなく、他の街に行き来する木材もラージコートを通るというわけです。
物が集まるところには人も集まるので、人口増加と流通の相乗作用によって、木材市場はまさに活況です。
詳細なデータはあまりないことから、具体的に分かる木材市場の数字は限られますが、しかし現況が活気づいていて注目を集めるのは確かです。
というのも、ラージコートは広大なインドの中でも、アラビア海寄りの場所に位置しているからです。
地理的に山や木が少なく、木材の伐採量が限られるので、他の地域から仕入れる必要が出てきます。
つまり、他地域との必然的な取引によって経済が動き、木材市場を活況させる結果に至っています。
人も物も盛んなラージコートは、今まさにビジネスチャンスが大きくなっている場所で、木材市場も目が離せない状況です。
供給よりも需要が見込めるラージコートだと、木材を売り込むのに適していると思われます。
現況を更に詳しく知る情報が手にできれば、具体的に需要の高い木材が分かるでしょう。
ラージコートの木材市場が活況なのは間違いなく、ビジネスチャンスがあって特に売り込める余地が見込めます。
ここを拠点に他の街にも商品を流通させる、そういうビジネスを検討する価値もあります。
仕入れ先としては未知数ですが、インドで流通する木材を確認したり、市場の変化を把握する場所には適しています。

 

 
トップへ戻る