ビラーイー(ビライ)(インド)の木材市場の現況(令和元年・2019)

 

ビラーイーは、インド中部にあるチャッティースガル州の都市で、近年ではインド経済の発展とともに急速に都会化が進んでおり、大きなショッピングモールやビルの建設がたくさん行われています。
次に、ビラーイーの木材市場の現況について見ていくことにしましょう。まずはインド国内の全体の流れを確認しておく必要があります。インドはここ20年のうちに経済がものすごい勢いで成長を遂げてきました。世界の経済は中国が牽引してきたイメージがありますが、ブリックスのうちの1つであるインドは新興国として中国に次いで高い経済成長を果たしてきました。また、この経済成長の裏には人口の爆発的な増加が関連していることは疑いようのない事実です。人口が増えればそれだけ国の力も増えますし、巨大なマーケットを狙って海外の企業が各地に進出してきているのです。インドの人口は今や13億人を超えており、あの中国を超えて世界一位の人口大国になりました。
海外の企業が進出してくると、そこに工場やビルがたくさん建設されるようになります。そうなれば当然建築業界が活性化し、木材市場が潤うことになります。国内のほかに、インドは歴史的な背景からヨーロッパなどの諸外国に対して盛んに貿易を行ってきました。ヨーロッパの堅調な経済に支えられて国内の経済も順調に進んでおります。
ビラーイーのような都市は、国内の好調な経済に支えられて順調に発展していき、国民の生活水準は大きく改善されました。収入水準が向上すると、人々はたくさんのものを買うようになります。最終的には人々は住宅をたくさん建てるようになりますので、住宅を建てるためにたくさんの木材が必要になりますので、国内の木材市場はより活性化するでしょう。
インドはこれまでもテクノロジー産業に力を入れてきましたが、今やインターネットが世界中に普及したことから全世界中の注目の的となっています。これからもしばらくの間好況が続くでしょう。

 

 
トップへ戻る