ナーグプル(インド)の木材市場の現況(令和元年・2019)

 

世界的に森林被覆率は低下しつつありますが、インドは増加傾向にあり世界でもトップクラスとして知られています。現況としてインドの中央部に属する都市であるナーグプルがある州を含めた複数の州では、マングローブの被覆地が年々増えてきており、そこにはあらゆる生物が生息しているほかインドの木材市場では木材や木材製品が国産の大半を占めており、過去は禁じられていた輸出のほとんどが現在は自由化されているためそれにより木材輸入が増えたと言われています。そのほかにも植林を推進していたり、社会貢献活動が勢いを増しており伝統とされている農法と栽培を合わせて各地で植栽の開発がスタートしたり、森林局と森林に関連している団体が力を合わせて植林プログラムが発足され行われていて国産の木材がメインとなるインドの経済成長率はこれからも伸びていき、都市部を中心にマンションやビルなどの大型な建物が次々と建つことが予想されます。今後国内の中心部で予測される建築ラッシュに伴って木材の需要も高くなると考えられいて、木材の輸入が自由化された今であれば輸出が拡大する可能性も高くなることからインドでの木材市場は将来性が高いと言えるでしょう。しかしこのような見解をしているのは日本だけではなく、他国でもインドの木材市場は注目されているため現地への投資を欠かさないようにしたり、ルートをしっかりと作ることが大切です。そうすることで日本の木材貿易が更にスムーズになっていき、それと同時にインドの木材貿易における重要性が高まっていくことになります。インドは都市部において賃金と共に労働環境が向上している状況で都市化が急激に進んでいます。都市部には所得水準が高い世帯が多く、三十年後に人口が現在のおよそ二倍になるとも考えられているのでこのようなことを踏まえて、日本の大手建築メーカーでも木材建築のビジネスプロジェクトがスタートするなど日本国内でもインドの木材市場が話題となっています。

 

 
トップへ戻る