ボーパール(インド)の木材市場の現況(令和元年・2019)

 

ボーパールは、インドの中部に位置するマディヤ・プラデーシュ州の人口約180万人の都市です。フランス系王家が存在した州都でもあり発展がみられる街です。インドの課題は、これからどのように都市化を進めていくかです。ポーパールも同じような悩みを抱えており、街のインフラを進めていくことが必要です。ボーパールの木材市場の現況は、都市整備の進行とともにクローズアップされてきています。

 

新興国としてのインドの役割は、中国を負いつつあり西欧・日本などの工業化への進出が激しいです。木材の供給においても従来の工芸品と言ったものにとどまるのでなく、都市計画の一部として注目されているのです。インドは、今都市をスマートシティにすることを計画しています。都市インフラは今まで充実していた先進国と違いなきにも等しいものです。それだけにコンパクトに都市をまとめていこうという構想です。人口180万都市ですが、住宅が恵まれているとは言えないので深刻な住宅を必要としている市民が多いです。中心部に集約する住居を建設することが必要です。

 

そこで木材の需要が大きく高まっています。最近はロシアが隣接するインドに木材供給を大幅に増やそうとしています。ポーパールの位置関係はインド国内ではとても良い立地になるのです。建設用の基礎資材での木材活用が施行されています。フランス文化が根付いているポーパールでは、内装に木材を活用しようという下地があります。今後ますますボーパールの市場の重要性が増してくると期待されています。インドの近代化はまだ途上であり、特に都市インフラを整備するためには木材を活用する需要が高まっているのです。供給におけるロシアの存在もありこの都市の規模が必要です。インドの100万人を超える人口のある都市の中でも州都であるボーパールを抜きにして考えるわけにはいきません。デジタル化が進む新興国ならではの建築資材の在り方が問われるなかボーパールの木材市場は注目をひいているのです。

 

 
トップへ戻る