ニャチャン(ベトナム)の木材市場の現況(令和元年・2019)

 

ニャチャンの木材市場における現況は、年々木工製品を輸出するの取引が多くなってきているので活気があると言えます。木工製品を輸出する金額は農業と林業、水産業で輸出する金額のおよそ3割ぐらいを占めていて中国やアメリカ、日本や韓国などの市場に向けた木工製品を輸出する取引は増加しているので今年度ももっと多くなることが予測されるのです。EUに向けた輸出の金額も多くなってきているため、今年度も多くなっていくことが期待出来ます。

 

木材の加工が発展している訳は、原材料をニャチャン市内で調達することが出来るからです。そしてニャチャンの林業や農業の分野では、労働の効率や管理能力が向上して、加工技術の改善に注力していることも影響を及ぼしています。その上に規模の大きな森林を育成して、木材を加工産業に供給することが可能なような原材料を用意するシステムも確立されてきています。

 

そして木工協会とそれぞれの会社の間で、違法に伐採した木材は取り入れないことが公約となっていて、法律に従って伐採した木材を利用したり原材料に合法的な木材を使ったものだけを販売している訳です。木材を加工する産業に対する信頼を獲得して、発展し続けることを目指していきます。ですので、ニャチャンの木材市場が活況である訳を理解することが出来ます。

 

またニャチャンではマーケットや商品の多様化が進んでいて、自由貿易協定を結んだ国々などのマーケットを広げることを目標としています。その上に、多様な木材を供給することを求められているのも現況です。品質を確保しつつ生産の効率性を高め、値段を安く抑えることや先進技術を取り入れることに投資することも目標に掲げています。

 

年々多くなっていく木工製品を輸出する金額に関しても目標を決めて増やしていく方針なので昨年度と今年度を比べてみると、もっと多くなっていく可能性は高いです。ニャチャン市民の環境の意識が高まっていることを背景に、環境保全に配慮した木工品のニーズが高まりつつあります。

 

 
トップへ戻る