ファンティエット(ベトナム)の木材市場の現況(令和元年・2019)

 

ファンティエットはベトナムの南部にある町です。市内にはその風景が評判となっているビーチを擁しています。それゆえ観光地としての側面のある町ではありますが、実は木材の生産量も決して少なくありません。木材をたくさん生産することによって、東南アジアの各国に輸出しているのも特徴です。ファンティエットで生産された木材はまずホーチミン市に届けられます。ホーチミン市からはベトナムの首都であるハノイや様々な場所へと送られます。中には海外に輸出されるものもあります。そのうちの何割かは日本にも出荷されています。ファンティエットの木材市場と日本にはある程度関係性があります。ファンティエットで木材が高騰した場合には、日本で購入することも難しくなるかもしれません。

 

ファンティエットの木材市場は現在安定しています。特に問題もないので購入しやすいと言えるでしょう。価格も比較的安定していて、気軽に購入することが出来ます。ただし、ベトナムから日本への輸送には気を付けておく必要があります。現況では輸送費が高くなってしまっており、それが木材価格に上乗せされてしまっている部分があるとされます。それゆえにファンティエットから日本へと輸入する数量はそれほど多くありません。一方で輸出はどうなっているのでしょうか。東南アジアでは全般的に日本の木材への需要が高くなっています。多少価格が張るとしても、日本の木材を購入したいと考えている方は多いです。それゆえに比較的高価でも輸出しやすいと言えるでしょう。日本国内では林業の従事者が減っており、木材の輸出量は多くありませんが、ファンティエットに輸出することで購入者を増やせる可能性もあります。東南アジアは人口が増えている傾向にあり、その流れはベトナムにも繋がっています。しかしながら、東南アジアの覇権争いが始まっているのも事実なので、現況は刻一刻と変化しているとも言えます。調査を行い、タイミングを見測って輸出することが木材を有効に販売するためのポイントとなります。

 

 
トップへ戻る