ハノイ(ベトナム)の木材市場の現況(令和元年・2019)

 

ベトナムのハノイの木材市場の現況はどうなっているかというと、木工製品の輸出が毎年増加しているので非常に活況です。ベトナムの木工製品の輸出額は、農林水産物全体の約30パーセントを占めていて、中でも日本やアメリカ、中国や韓国の市場向けに輸出が増えています。さらにEU向けの輸出額も同じように毎年増加しているので、今後もさらに輸出の増加が期待出来ます。
何故こうした木材加工業が発展しているかというと、ベトナム国内で原材料である木材をしっかりと調達する事が出来るからです。
またベトナムの首都であるハノイでは、特に農業や林業部門で管理能力や労働効率の向上、加工技術の刷新に力を入れている事も影響しています。合わせて森林を育てる事で、加工産業に木材を滞りなく供給出来るような仕組みも確立しつつあるというのも木材市場が発展している大きな理由です。
さらに各企業と木工協会との間で、違法伐採の木材は使用しないという事が公約となって、合法的に伐採された木材の使用が増える事で、木材加工産業の信頼も得て持続可能な発展につながっています。他にも製品や市場の多様化を進める事で、自由貿易協定を締結した国々の市場をさらに拡大するという目標を掲げています。
一方木材の供給源を出来るだけ多様化する必要にもせまられており、生産効率の向上や品質の確保、価格の引き下げも目指しながら、先進技術の導入に投資を強化するという事も目標にしているのが現況です。
そしてハノイに住む人達の環境に対する意識の高まりを背景にして、国内で環境に配慮した製品の需要も拡大しつつあります。木材市場にもこうした環境意識の高まりが反映されて、より木材加工業には商機が見込まれると予想している人は多いです。
このように時代と環境の変化に市民のニーズを上手に踏まえたうえで、今後のベトナムハノイの木材市場は昨年度よりも明るい見通しであるという事は疑いの余地はありません。

 

 
トップへ戻る