三重県四日市市における木材市場の現況(2019・令和元年)

 

三重県四日市市は三重県の中でも特に規模の大きい街の1つです。日本全体の人口が減少しているという時代においても、四日市市は人口増加を続けており、その人口は県庁所在地である津さえも上回ります。人口が多いことから住宅地の規模も大きいのがこの町の特徴です。住宅の建設に欠かせない木材への需要は高く、比較的高値でも取引されています。三重県四日市市は自然環境にも恵まれており、農業などが盛んとなっていますが林業はそれほど盛んではありません。それゆえに市内で木材を使用する際には他の市や他の県から購入することが多いです。つまり、木材を供給するメーカーにとってはたくさん売るチャンスがあるということです。そのようなことを総合すると四日市市の木材市場の現況は、非常に活発に動いていると言えるでしょう。需要が高く、そこに供給が何とか付いていっているような状態です。需要の高い木材を売ることが出来れば、大きな収益を得られる可能性も十分にあります。

 

三重県四日市市の人口の伸びは堅調であり、増えることはあっても減ることはほとんどないのが現在の状態です。この状況は今後もしばらくは続くと考えられており、木材を含めた様々な品物への需要が大きく伸びています。四日市市へと木材を売る際には輸送ルートに気を付けておきましょう。輸送費が思わぬ形でかさむことも考えられるからです。需要が高い分、売ろうとしているメーカーの数も多いことにも気を付けておきましょう。同じような木材であれば、価格競争に勝たない限り、この町で安定して販売することは出来ません。製品か価格で差別化を図ることが重要となっています。ハウスメーカーとの連携も重要となっており、木材市場をリードするために欠かせません。高齢化も進んでおり、古くなった木造家屋の建て替えにも様々な木材が使用されています。それらの事情により、建築物に使いやすい資材を売ることも大切と言えるでしょう。

 

 
トップへ戻る