三重県いなべ市における木材市場の現況(2019・令和元年)

 

三重県いなべ市は三重県の最北端に位置する市です。海沿いにある市なので、多くの海産物を生産されているという特徴があります。1950年から人口が徐々に減り始めていましたが、1970年で一度減り止まります。そこからは徐々に増加を続けており、人口が緩やかなV字回復をしているのが大きな特徴です。日本全体が人口減少の時代を迎えている中では、踏ん張っている市の1つといえるでしょう。その人口の変わり方が影響を与えているのが木材市場です。いなべ市には一定の人口が保たれているので、需要が非常に安定しています。供給も安定しているので市内の方は木材を手に入れやすいと言えるでしょう。

 

三重県のいなべ市は工業や商業の盛んな市ではありますが、それほど農業が盛んというわけではありません。林業もあまり行われていないので、市内の木材の需要は市外からの輸送に依存しています。市外の木材メーカーからすれば販売のチャンスが多くあるともいえるでしょう。今後人口が増えていった場合には、木材メーカーの新規参入も十分に可能です。三重県いなべ市の木材市場の現況は安定感をもって推移しており、価格の変動などもほとんど起こりません。使用されている木材の種類も多いのが大きな特徴です。三重県の最北端にある市なので、輸送費はややかかりますが、木材価格自体が高くないので緩和されています。

 

三重県いなべ市で販売されている木材の数は多く、住宅や様々な商業施設で使われているとされます。昨今では立て直しの機会も増えており、ますます需要が高くなる可能性があります。人口のV字回復を果たした一方で、再び人口減少の兆候があることも指摘されています。その変動がどのような影響を及ぼすのかを中止しておくことが大切です。高齢化が進んでおり、ここから10年20年で人口の比率が大きく変わる可能性があります。そのことも木材市場の状況を変動させる可能性を持っており、注目されています。

 

 
トップへ戻る