三重県度会郡における木材市場の現況(2019・令和元年)

 

三重県の森林が有している面積は374ヘクタールと言われており、三重県内全域の約65%のエリアを森林が占めているとされています。三重県度会郡も気候や風土という自然条件や交通などの社会条件でも比較的恵まれている環境にあると考えられ、三重県で行われてきた林業の歴史の中で、檜や杉などの需要が高い木を育てるのに恵まれているといえるでしょう。こうした木材は育成の難易度が高いのですが、これらの木材がの育成が容易な自然環境を有している三重県でも度会郡も例外でなく順調な育成環境をもつエリアの一つです。
三重県度会郡の木材市場の現況として、三重県木材連合会に所属する建築会社などによって生産から流通、そして消費と言ったネットワーク網の中で家屋建設などで地元木材が使用されています。地元木材を支えている市場の一つに家屋建築業者が位置づいており、質の高い家づくりを提供しています。このエリアは全国的に見ても林業がさかんな地域の一つともいえ、地元に根付いた木材市場であるとともに、高品質の木材を全国的に流通させるための組織的なつながりもあるということが大きな特徴です。三重県で生産された木材は、関東や関西を始め、中国や九州エリアなどで加工され建築材として用いられています。そうした全国的に人気の高い材木を供給しているエリアの一つとして三重県度会郡が挙げられるでしょう。
三重県度会郡における木材市場の現況で、木材供給と消費という視点で見ると、ローカル視点だけでなく全国的な視点で木材生産が行われています。また、世界的な視点でもこのエリアの木材の高い品質などもジェトロなどの連携等を通して世界的な知名度もだんだんと高まり、世界市場を見据えた木材市場の展開などにも協力関係が構築されています。
このように、三重県度会郡は全国的にも注目される三重県の木材生産地域の一つで、檜や杉などの品質の高い木を生産しながら消費活動も積極的に行われています。

 

 
トップへ戻る