三重県北牟婁郡における木材市場の現況(2019・令和元年)

 

日本の伝統的な産業の一種として営まれているのが林業で他の国々と比較してみても四季がはっきりしていて、より一層優れた木材を産出することが出来るとして、昔から日本で生産された木材市場は優れているという評価を得続けていました。中でも三重県北牟婁郡で生産される木材は、日本全国各地の中でも屈指の材質であると日本の木材の品質を厳しい目で見極める人たちからも良い評判を得ているのが現況です。三重県北牟婁郡で生産されるヒノキには日本はもちろんのこと全世界から高いニーズがあります。

 

優れた品質のヒノキを生産することが可能な三重県北牟婁郡は、木材市場が活性化しているのが現況です。三重県の中には様々な場所に林業地がありますが主な林業地が県南部にある三重県北牟婁郡です。正確に言うと尾鷲市と三重県北牟婁郡を跨ぐように林業地が広がっていますが、敷地面積は全体でおよそ4万平方メートルあり、その中でもヒノキを育てている民有林は、およそ3万3千平方メートルに及ぶ広さになります。

 

三重県北牟婁郡の広大な敷地面積の中で品質の高いヒノキが昔から一部の地域で育てられているのは、そのエリアが持つ特徴のある土壌によるものです。表面の特殊な土壌が浅く広がっていることにより、本来の土壌の乾きにくい性質を上手く補っています。また、三重県北牟婁郡は温暖な気候である上に太平洋から侵入する雨雲により雨がたくさん降る気候が相まって、ヒノキの栽培に非常に適している林業地となっているのが木材市場の現況です。

 

今でも引き継がれている三重県北牟婁郡の木材市場の歴史を遡ると1624年にまで戻ることになり、林を人工的に整備して人工造林が出来てから約400年ぐらいの歴史を刻んできています。しかも昔は今のように大きくて太い木材を運ぶことが可能なトラックや重機もなかったため、海に接している立地は日本全国各地に出荷したり外国に輸出するときに非常に適していました。このような立地が木材市場を活性化させてきたというのが、2019年の林業が盛んな現況に至るまでの過程です。

 

 
トップへ戻る