秋田県能代市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

秋田県能代市は江戸時代から米代川流域にある良質な木材の集積地として栄えてきました。
日本三大美林としても有名な秋田杉も秋田県能代市の木材市場に集められ、全国に出荷されていきました。
周辺から集められた素材を使いながら、近代化された以降も大型機械化工場を建設するなど木材加工産業は発展を遂げいます。
しかしかつては栄えていた秋田県能代市の木材市場も、現況は著しくありません。
外国産の影響もあり木材の価格は低迷し、林業従事者も減少し伐採量も減りつつあります。
また住宅業界で求められている部材は、高性能で品質が良いものです。
低品質な部材だと住宅に関する法律に抵触し使えないので、高品質部材の需要は増すばかりです。
こうした変化に対応しきれていないと、木材市場の現況は苦しくなる一方でしょう。
しかし秋田県能代市は、木材加工産業にも力を入れている地域です。
高品質な秋木・製材・木工・集成材を生産しており、ニーズのある高品質な部材に対応できます。
ニーズに即した高品質部材を取り扱っていれば木材市場を訪れる人も増え、秋田県能代市での林業も魅力的になるでしょう。
販売する木材の価格も上昇してくれれば、若い林業従事者も増えていくと考えられます。
実際に秋田県能代市にある木材市場には、良材が集まっていました。
最近の住宅業界では国産材が見直されつつあり、価格が外国産に比べて高くても品質の良さに惚れ込み、住宅を建築する際に選ぶ人は増えています。
秋田県能代市は秋田杉としても有名ですから、その名前に恥じない高品質な木材を木材市場に出し続けていれば、現況は少しずつ変わっていくかもしれません。
そのためにも高品質な木材を生産できる設備をさらに増強したり、良木を作るために若手林業従事者の育成も待ったなしと言えるでしょう。
現況は決して良いものではありませんが、大きなポテンシャルを秘めているのは間違いがないのが秋田県能代市の木材市場です。

 

 
トップへ戻る