秋田県大館市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

秋田県大館市は日本三大美林の一つ、秋田杉の産地として知られています。
美しい天然の杉の産地として秋田県大館市は古くから栄えてきましたが、現況の木材市場は苦しいものです。
秋田杉の民有林と人工林の資源量は成熟していますが、折からの木材市場の悪化から価格は低迷しています。
また日本の林業に共通する高齢化の問題も秋田県大館市を襲っており、労働力は低下し生産量も落ち込みが目立ちます。
生産量の落ち込みは林業従事者の高齢化だけが問題ではありませんが、魅力ある林業に変えていかなければいけません。
秋田県大館市の木材市場の現況が苦しくなっているのは、林業を取り巻く環境だけが課題ではありません。
木材の供給先である住宅業界からは、法律が改正され強度や寸法精度の高い部材が求められています。
こうした環境の変化に対応するため、秋田県大館市の木材市場では需要ニーズに応えられる高次加工製品を生産しています。
秋田県大館市は元々も日本三大美林の秋田杉の産地ですから、ニーズに対応できる高性能・高機能な部材を生産していけば、木材市場の需要にも応えられるでしょう。
品質の良い木材を木材市場に供給し続ければ国産材の需要拡大につながり、日本の林業や木材産業にある課題を解決できるようになる可能性があります。
森の状態が健全でなくなると山地は荒れ果て、災害の危険性も高まってしまいます。
そうした危険性を下げて健全な森の状態を維持していくためにも、高品質な部材の生産が大切になっていくでしょう。
秋田県大館市には高品質な部材を生産する木材市場があり、秋田県大館市を中心に加入している組合員もおおくあります。
日本三大美林である秋田杉の魅力を最大限に引き出し、多くの日本人にその魅力を伝えられれば国産材の需要も増加していき、苦しい現況を変えられるかもしれません。
そのための第一歩として、秋田杉を活かした高品質な部材の生産を安定して行う必要があります。

 

 
トップへ戻る