秋田県湯沢市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

秋田県湯沢市の木材市場の現況は、積極的に地元産材の木材を使用しようという試みが見て取れます。地元産の木材を使用した住宅づくりを推進しており、地元の活性化を促進しています。地元を元気にするには、地元産にこだわることが何より大切です。地元の建材を使用した人に補助金を支給するなど、積極的に地元産材の普及に努めています。家具や木工品の製造も盛んに行われており、森林と切っても切り離せない地域性があります。

 

地元建材を使用した住宅づくりは理にかなっており、秋田県湯沢市の気候風土に合った建物が実現するのです。木材市場は地元産材を中心に使用するのが好ましく、建物や家具・木工品の製造においても優れているわけです。地元で元気に育ってくれる森林から生まれた建材は、丈夫な住宅づくりに欠かせないでしょう。建物の質は建材に左右される部分が大きく、よい建材を使用することが快適に生活する秘訣です。森林は地元住民の生活を左右するほど重要性が高いものです。

 

豊かな森林は水を綺麗にする役割があるなど、地元に多大な貢献をしています。大量の落ち葉が天然フィルターの役割をして、水を綺麗にしていくのです。森林が少ない地域は水が汚れやすい傾向があり、その地域にとって森林は財産と言えるでしょう。それゆえ違法に伐採するなど、森林を破壊する行為は環境破壊につながります。環境を維持するためには、森林を持続できる範囲で伐採をしていく必要があるでしょう。

 

秋田県湯沢市では、木材価格のコスト低減をする試みを実施しています。森林の管理を集約化できればコストダウンになると考えられているのです。それが林業の発展につながり、そこから生まれる利益が地域を活性化させます。林業に従事する方は高齢化している傾向があるため、今後は若者の参入が求められています。若者の担い手が増えることで、木材市場の活性化にもつながるわけです。今も昔も若者が多い地域は活性化しやすい性質があるのです。

 

 
トップへ戻る