秋田県大仙市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

秋田県大仙市は秋田県南東部に位置する地方都市で、2005年3月に8つの市町村が合併して誕生した市でもあります。
中心部である大曲地域を含めた大仙市は8つの市町村を合併した事もあり、多種多様な自然を有しているのが特徴的です。大仙市は国内でも有数の整備された穀倉地帯である横手盆地北部の仙北平野をはじめ、奥羽山脈の真昼山地、さらには和賀山塊南端にある原生自然を抱えた東部に森林が豊かな西部の出羽山地が挙げられます。他にも真木真昼県立自然公園や姫神公園といった自然公園、太田地域にある真木渓谷に川口渓谷などを有しているため、建設業などで木材関連事業が発展しているのは当然と言っても過言ではないです。実際にネットの検索エンジンで調べると、数多くの木材を扱う株式会社がヒットします。
そんな秋田県大仙市の木材市場の現況は特に変化がないです。
ただし産業面では、今後注意しなければならない事実が浮き彫りになっています。
その証拠に国内でも有数の穀倉地帯は高齢化による農家の減少や減反政策によって、休耕田など土地そのものが放棄され始めているケースが確認済みです。これはいわゆる第一次産業ですが、第二次産業及び第三次産業は反対に発展の一途を辿っています。
先述した木材関連事業は第二次産業にも分類できるため、減少するどころか、増加する可能性はあるものの、現在全ての産業において力を増しているのは第三次産業です。ホテルルートインやイオンモールなどが建設されているうえに市街地の再開発が進んでいます。
つまるところ秋田県大仙市は自然が豊かで、森林に心配する必要はないですが、それを取り扱う事業が衰えていく可能性があるわけです。現状そういった不吉な情報はないものの、穀倉地帯の衰えぶりを踏まえれば楽観的になるのは危険と言えます。未来を見据えれば日本の木材を高く評価している海外へ進出し、そこで勝負をして成功するしか生き残る道はないです。

 

 
トップへ戻る