秋田県北秋田市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

秋田県北秋田市の木材市場の現況は、住宅資源の確保に注力しています。人口減少に歯止めをかけるためには、林業の発展が欠かせないのです。秋田県北秋田市の木材市場は住宅建材のほか、家具や木材チップの製造なども行っています。地元の木材を積極的に活用しようという試みが活発になっているのです。日本人はコンクリートよりも木造の住宅を好む傾向があり、その建材は地元産を使用するのがベストです。海外から建材を取り寄せることは可能ですが、こうした状態は地元経済に貢献しているとは言えないでしょう。海外の木材業者や仲介業者などは利益を得られますが、地元に還元されないというデメリットがあります。

 

森林の伐採にはネガティブなイメージを抱いている人が少なくありませんが、違法伐採を除けば意味のある行為です。成熟した樹木は定期的に伐採をしたほうが、環境破壊を食い止めるためにも役立つのです。また地元建材の材料にもなりますので、地域の活性化のためにも森林を有効活用する必要があります。注意したいのは伐採して放置したままだと、森林が破壊されていくことでしょう。そのため植林も並行していく必要があり、それにより持続可能な森林を維持できるわけです。また森林を守るためには多額の費用がかかるため、それを補うためにも地元建材を使用した家づくりが重要になってきます。

 

海外から木材を輸入するよりも、地元建材を使用したほうが地域にとってやさしいのです。適正に森林を伐採すれば地球温暖化を防げることがわかっています。管理をしない森林は腐敗するなどのデメリットが生じるので、定期的に伐採をして循環をよくしておく必要があります。木を有効活用するためには、頃合を見て伐採するのが好ましいです。また他の植物との共生を促進するためにも、適度な伐採をしていく必要があります。生態系を正常にするためにも貢献するなど、適正な伐採には多くのメリットがあります。そうしたメリットの中でも地元経済を活性化できることは、最大の強みと言えるでしょう。

 

 
トップへ戻る