秋田県にかほ市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

秋田県にかほ市の木材市場の現況は安定した流通で、大きな変化はありません。山形との県境に鳥海山があり、天然杉林が形成される自然豊かな場所で、市の木をむら杉に指定するほどこの地域では象徴的な木になっています。木材利用を促進する基本方針を打ち出し、地元産を公共建築物にできるだけ利用しようという取り組みが行われているため、製材需要が多くなっています。公共建築物に多く使用されることで、木の良さの理解が進むと一般住宅での利用が促進される可能性がありますが、需要の中で一般住宅に使用される割合はそれほど変化がありません。

 

インテリアや工作物、多方面での原材料としての使用は緩やかな伸びがあり、燃料材としての活用も増えてきてはいますが目立った変化には繋がっていません。需要が伸びると森林の整備が進むだけでなく、経済の活性化や林業とそれに関連した職場での雇用の拡大などが期待できます。このため市では今後も地元産の利用を推進するための事業に力を注ぐ方向にあるため、今後の供給量に変化が及ぶ可能性があります。急激に需要が高まると供給が不足する可能性があるため、木材の流通や加工に携わる企業は、秋田県にかほ市の木材市場の現況を注意深く確認することが大切です。鳥海山麓で掘り出された埋れ木が話題となり、家具の素材としての利用が増えれば、秋田県にかほ市の木材の知名度がアップして、地元木材の利用率にも変化が出る可能性があります。

 

定期的に森林の整備計画書案の縦覧が行われていますが、地元木材の流通量にも変化を与える可能性があるため、整備計画について市に任せきりにせず提案をするようにすれば、より安定した木材市場にすることが可能です。また、秋田県内では松食い虫やナラ枯れ被害が拡大しており、秋田県にかほ市に拡大してくる可能性があります。全国的に需要が高い木材に影響が出るような立ち枯れ等が増えた場合には、木材市場にも影響が出る懸念があります。

 

 
トップへ戻る