秋田県仙北市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

秋田県仙北市の木材市場の現況は、持続のできる市場を目指しています。林業を活性化させることが地元の元気につながり、人々の生活を豊かにするのです。森林を元気にすれば人々の暮らしも充実しますが、伐採はむやみに行えばよいものではありません。あくまで持続可能かどうかが焦点になるわけです。森林は自然環境を維持するために欠かせないもので、森林の割合が減少すると環境破壊が生じてしまいます。

 

林業は伐採だけでなく、植林にも力を入れています。育てることが森林を守ることにつながるので、これは永遠の課題となるわけです。製材や加工にも秋田県仙北市の木材は積極的に活用されています。地元の木材を使用することが、林業や建設業の活性化のために欠かせません。地元の木材は建材として活用されており、家づくりのために欠かせないです。また家具や木工製品の製造にも使用されるなど、地元経済の活性化のために役立っています。

 

木材資源が豊富にある地域では、林業が大きな可能性を秘めているのです。地元産の木材は家づくりにも貢献し、地域風土に適してた建物を実現できます。地元が元気になるためには、建設業が元気になる必要があります。家づくりや内装工事などの注文が多くなれば、地域の仕事量を増やすことになるでしょう。地元の活性化のためには、まずは会社が元気になる必要があるのです。会社が増えれば必然的に労働力の需要が上がり、人口も増えていく仕組みです。

 

秋田県仙北市の木材市場の現況を見ると、丸太素材の生産も積極的に行われています。ほかにも燃料用チップの製造など、優れた生産力を有しているのが特徴です。森林の多い地域では必然的に林業が強くなるので、林業を主体として地域経済を支えていく手法が得策でしょう。林業が元気になれば木材市場や建設会社なども元気になります。自社で一括管理をしている秋田県仙北市の会社は、中間流通を削減できるのが特徴です。余分な費用をかけないことが安さにつながり、販売力を強化することになるのです。

 

 
トップへ戻る