秋田県町村部の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

秋田県町村部の木材市場の現況を見てみると、色々なことが分かってきます。近頃は、かつてと比較すると秋田県町村部の木材市場の中で木材が伐採する量は少なくなってきているのが現況です。林業を運営している方も面積が小さい場合は個人で営んでいることがほとんどとなっていますが、ある程度経営規模が大きい場合でも会社で営んでいるケースは減ってきています。

 

しかし、木材の用途や内容が多少変化してきている事実にも注目することが必要です。原則として秋田県町村部の木材市場の現況は生産量は少なくなってきていますが、それでも秋田県の産業の6%を占めていることが重要になります。

 

木材市場は自然林が全てではなく人工林が、およそ4割ぐらいを占めていることが重要です。その分だけ、かつては多くの森林が伐採されていたことを意味します。人工林については、およそ8年から12年ぐらいが経過している樹木が多く、瑞々しく若い樹木が優先して利用されていることが多いです。

 

残った自然林は、およそ6割ぐらいを占めていますが、針葉樹の方が比較的ニーズがあるので杉などをメインに伐採しています。杉などは住宅に使われる建築材料として認知度が高く国産の木材を利用すると、それなりに値段が高いです。そのため多くの住宅で利用している訳ではないですが、高級な住宅を建築している施工会社などは秋田県町村部の木材を利用していることが少なくありません。樹木も伐採してから植樹して10年後に再び伐採する行為を繰り返していて、自然林だけではなく人工林も非常に需要が高くなってきています。

 

住宅の建築材料以外の用途では、バイオマスなどが人気を集めていてエネルギーとして再生されることが検討されています。近頃は色々な試みが行われていますが、冬に非常に寒くなる秋田県町村部だからこそ有効な利用方法になることが期待可能です。利用量については、少しずつ減ってきていますが新しく良いところが注目されているというのが秋田県町村部の木材市場の2019年の現況になります。

 

 
トップへ戻る