秋田県南秋田郡の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

秋田県南秋田郡は秋田県の西部にある郡です。人口は20,000人前後で推移しています。3つの町と1つの村を含む郡です。1878年に行政区画として発足した当初は男鹿市などを含んでいましたが、現在は含まれていません。そのことが如実に影響を与えたのが人口です。郡域を結果的に小さくされてしまった秋田県南秋田郡では人口が大幅に減少し、その後も人口の流出を招いています。郡の経済も現在の人口に合わせた規模のものに変化しており、第一次産業の割合が大きくなっているのが現状です。しかしながら、林業に従事する方は少なく、木材の生産量は決して多くありません。つまり、木材の供給量は少ないということです。需要面は人口の影響を受けています。人口が減少していることにより、新しく住宅を建設する機会は減っており、木材需要は下がっていると言えるでしょう。この地で木材を新しく売ろうと考えたとしても、すでに販路を拡大しているメーカーとの競争に勝つのは容易ではありません。それらの事情から秋田県南秋田郡の木材市場の現況はあまり盛り上がっていないという見方が強く、その傾向は今後も続くと言えます。人口に大幅な変更がない限りはその状況を変える要素が無いというのが、現況になっています。よく売れている木材は吸湿性の高いヒノキです。お風呂などに使用するために、高値で取引されることもあります。ただし、一度使ってしまうと再び買う必要がないと考えられており、一時的に販売を拡大してもそれを続くとは限らないと言えるでしょう。秋田県南秋田郡では木材の販売が活発に行われていませんが、それは需要に合わせたものと言えます。今後、林業に従事する方が増えたとしても、急に売れ行きが良くなるとは言えない部分が大きいです。むしろ、売れ行きが良くならないことを見越して林業を行わないというケースも増える恐れがあります。そうなると需要と供給のバランスが崩れて、価格が上昇する可能性があるとされます。

 

 
トップへ戻る