宮崎県宮崎市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

宮崎県宮崎市には、スギを取引の主体とした木材市場がいくつかあります。
2019年の現況としては、宮崎県宮崎市の木材市場は保合相場です。
多少の上下はありますが、全体的には保合相場で推移しているのが宮崎県宮崎市にある木材市場の現況です。
宮崎県宮崎市の木材市場では1ヶ月に2日市が開催されており、次回以降の相場については不透明です。
現況のまま相場は横ばいに推移していくのか、それとも大きく値上がりするのか値下がりするのかはわかりません。
しかし現況からの予測としては、大きな値上がりは期待できないでしょう。
国産材は安い外材にシェアを奪われ、宮崎県宮崎市の木材市場でも取引は昔に比べて少なくなりました。
ですが国産材は高付加価値を付けることにより、安い外材との差別化を図ろうとしています。
こうした生産者の努力に加え、国内では国産材の見直しが進んでいます。
家を建てるときに使用する木材にまでこだわる人は増え、その結果国産材の需要にも影響を与えました。
これらの影響を考えれば現況からの大きな値上がりを期待したくなりますが、木材市場への影響は限定的です。
現況の保合相場を一気に上昇させるほどの力はないので、短期的には若干の上昇要因にしかならないでしょう。
長期的にみれば上昇させる要因になるかもしれませんが、木材市場への影響が限定的な現況では一変させるほどではありません。
宮崎県宮崎市の木材市場には、値下がりする要因も少なからずあります。
宮崎県宮崎市やその周辺の林業は、依然として厳しい状況が続いてて将来も明るいとは言えません。
林業の数ある課題が解決されれば不安要素はなくなり、値下がりする要因も消え去るでしょう。
しかし現況は課題をすべて解決できる特効薬はなく、なんとか踏みとどまっている状況です。
これらの不安要素と期待できる要因を考えれば、今後の相場はある程度の範囲で上昇したり下降したりすることはあるものの、大きな変化はおきにくいと考えられます。

 

 
トップへ戻る