宮崎県串間市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

宮崎県串間市は宮崎県の最南端にある市で、南部は志布志湾に面しています。
海岸沿いには国定公園の日南海岸があり、多くの観光客が訪れます。
宮城県内の森林資源は、人工林の成長によって質の良い木材を提供できています。
森林資源を有効に活用することで、地球温暖化防止や災害防止など公益的機能を発揮できます。
宮崎県の森林は県土の4分の3を占めています。
世界的に有名な照葉樹林をはじめ、海岸線のまつ林やすぎ林など美しい緑が広がります。
森林は水や空気を作り出し、土砂の流出を防ぎます。
宮崎県串間市でも森林を守って育てる人材が求められています。
県では県産材の利用をさらに拡大するために市町村や企業、関係団体と連携して社会全体で県産材の利用を推進しています。
大崎地域のヒノキを使ったマグネットクリップや木製の宣伝板、収納付きプランターなどの製品は好評です。
みやぎ材利用センターでは、県内産の木材を原料にして加工された木製品の品質を検査しています。
品質検査に合格した優良みやぎ材には、安心と安全の証である優良みやぎ材認証シールが貼付されます。
原木産地名や加工社名、製材などを証明する優良みやぎ材認証書も交付しています。
構造材は1本ずつ機械が品質の検査を行い、品質検査の結果が材面に印字されます。
Eはヤング係数のことで、木材の強度を数値で表します。
県と県民の努力もあり、宮崎県串間市の木材市場の現況は安定しています。
宮城県のホームページでは、林業技術総合センター成果報告をチェックすることができます。
林業に興味がある場合は、林業に関するイベントや体験講座が開催されています。
美郷町にある宮崎県林業技術センターは、森林整備や林業振興のための研究拠点です。
センターで行われている研修や林業や森林に関する各種情報を提供しています。
林業大学校では、木材産業や県の林業が求める人材を育てる研修があります。
研修の期間は1年で、即戦力の人材を養成します。

 

 
トップへ戻る