宮崎県児湯郡の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

宮崎県児湯郡は杉をメインとした木材の大切な供給場所となっていて、宮崎県の色々な場所で販売しているだけではなく、契約工場等に出荷もしています。また外国に対しても品質が良い木材として、たくさん出荷されていてとても綺麗な木目が出来る木材として高額な価格で取引されているというのが宮崎県児湯郡の木材市場の現況です。

 

日本国内に関しては木材のニーズが減ってきていて中でも住宅では今までの国産の杉などの木材から鉄筋や特殊素材を利用した、とても構造的に耐震性のある住宅のニーズが高まっています。そのため、一時的にニーズが少なくなってきていましたが今の木材市場は割合安定してきていて、宮崎県児湯郡の杉についても出荷量は一定となっているのが現況です。

 

その原因の1つとして挙げられるのが色々な工芸品に使われることが増えたことや、外国で日本産の木材の綺麗さが見直されていることになります。グローバル化が進んで日本産の木材も、その綺麗さと丈夫さが見直されていて色々な場面で使われるようになってきている訳です。

 

更に最近の地震などの災害の影響によって木造住宅が見直されていることも、宮崎県児湯郡の木材の出荷数が安定している理由になります。鉄筋コンクリート造の住宅は振動の強度がありますが、大きな揺れの地震に遭遇したときに倒壊するリスクも多いです。木造住宅は揺れを効果的に分散して大きな揺れの地震でも倒壊を予防することが可能な柔軟性があります。ですので大きな揺れの地震でも、木造住宅は割合倒壊しにくいことが判明してきている訳です。

 

そして見た目や木目の綺麗さからテーブルなどに使われることも多く、色々な使い道で利用することが可能な木材として注目されています。木材市場でも宮崎県児湯郡の杉は非常に人気があり、2019年の木材市場が好調である現況の理由の1つです。近頃は、若い年代の人たちも木材を育成する仕事に就く方が多くなってきていることも安定している供給力がある理由の1つになります。

 

 
トップへ戻る