宮崎県西臼杵郡の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

宮崎県西臼杵郡は人口約19000人、面積は約690平方キロメートルの宮崎県にある郡です。宮崎県西臼杵郡は高千穂町と日之影町、五ヶ瀬町などを含み、宮崎県の北端部、九州山地の中に位置しています。そのため、林業は昔からさかんであったエリアです。その中の高千穂町は町域西北部から北部にかけて熊本県と、北部から北東部にかけて大分県と接しており、高千穂峡は観光地としても有名です。宮崎県には木材商が約130件ほどあると言われ、木材市場も全国的に見ても活況で、九州山地で育った木材を伐採し、流通したり加工するといった市場では木材を経営資源として取り扱っている会社や個人会社などもあり、経営として成り立っています。そのため、宮崎県西臼杵郡はの木材市場の現況は活況であると言えます。
このエリアを含む宮崎県全体の林業経営者などが組合加入している宮崎県木材協同組合連合会では、様々な事業が行われています。林業は宮崎県西臼杵郡でも重要な産業となっており、西臼杵郡の林業経営者などがメンバーとなっている県の木材協同組合では販売事業や森林整備事業などの活動が行われています。そして、販売事業では受託販売や受託林産事業の積極的な推進や、計画的で効率的な買取林産事業が実施されています。さらに、間伐材の有効利用を目的に、小径木加工工場の効率的な運営と加工製品の販路拡大などに関する取り組みなども実施されており、宮崎県西臼杵郡にもそうした活動に地元の林業関係者などが積極的に携わっています。こうした組合の活動などによって木材市場も活気を得ており、宮崎県西臼杵郡では木々の育成を通して得られた木材を、町内や県内だけでなく県外での消費ニーズに対応させています。
そのため、宮崎県西臼杵郡の木材市場の現況は活況があり、組織的な取り組みなどを通して生産活動や販路開拓活動などが行われています。そして、産業の育成視点からも経営支援サポートなども提供されています。

 

 
トップへ戻る