鹿児島県阿久根市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

鹿児島県阿久根市は海に面している自然が豊かな都市で、行政区域はおよそ134平方キロメートルです。鹿児島県阿久根市が木材を供給している量は年々多くなってきていて、鹿児島県阿久根市の木材の需要量に対する鹿児島県阿久根市が木材を供給する比率が非常に高くなっているのが現況になります。木材は主に製材用のニーズが高いですが、九州地方の中でも鹿児島県阿久根市は木材チップや合板などのニーズの割合が高くなっているのが木材市場の現況です。

 

そして鹿児島県阿久根市の木材市場は杉や松、ヒノキを中心に取り扱っているのが現況となっています。杉は行政区域に広範囲に亘って分布しており、ヒノキは優れた林が形成されている訳です。杉の木材は住宅の柱に使う角材や土台に使う角材、母屋に使われる角材のニーズが高く、取引される相場価格も数年間に亘って安定しています。ヒノキの木材は住宅の柱や土台に使う太めの角材としてのニーズがほとんどを占めていて、杉の木材と同じように1年を通して安定した供給が出来るようになっている訳です。

 

こうなっている理由は新築の住宅を着工する上で木造住宅が占める割合が比較的多いことが挙げられます。全ての新築の住宅の中でも、およそ7割ぐらいを木造の住宅が占めている訳です。この比率は2004年以降年々多くなってきているので、これからももっと多くなっていくことが期待されます。鹿児島県では、かごしま材認証協議会が住宅を建築する木材として品質が高い木材を安定して供給するために認証かごしま材を認定して、鹿児島県の中の製材工場に対して生産する方法を指導するなどといった活動を行っています。

 

品目としては梁や柱などに使う針葉樹の構造向けの製材や構造向けの集成材だけではなく下地材や壁板向けの造作材、フローリング材などを取り扱っています。これらの品目が鹿児島県阿久根市の木材市場を活性化させることに貢献しているというのが、2019年の現況です。

 

 
トップへ戻る