鹿児島県伊佐市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

鹿児島県伊佐市は、ヒノキの優良林が多い地域です。
林野林や国有林の面積は県内でもトップクラスで、民有林の面積も鹿児島県伊佐市は上位になっています。
鹿児島県伊佐市の人工林に多いのは、優良なヒノキです。
ヒノキは県内でもトップクラスですが、一方でスギは少ない特徴があります。
鹿児島県伊佐市はこのような現況ですから、運営されている木材市場にも同様の傾向が見られると考えられます。
木材市場にはヒノキが多く出品されていて、反対にスギは少ないと考えられるでしょう。
ヒノキを探しているなら鹿児島県伊佐市に行けば良質な原木が見つかる可能性が高くなりますが、スギは別の地域の木材市場に行くのがおすすめかもしれません。
木材市場に出品されている原木には、それぞれ特徴があります。
たとえば鹿児島県伊佐市の木材市場で考えられるように、地元で生産されている品種が集まりやすいなどです。
これらの特徴を理解し把握したうえで木材市場に行くと目的の原木が見つかりやすいですが、把握していないと良質な原木を見つけられずに、無駄足に終わってしまう可能性があります。
スギもヒノキも日本の住宅には多く使われている品種ですから、木材市場も積極的に情報提供をして得意とする種類を発表していけば、新しいお客さんがやってきて現況より活気づくかもしれません。
日本の林業は危機的状況で決して楽観視できる現況ではないので、今の状況を変えていくためには大胆な対策が必要です。
鹿児島県伊佐市には優良なヒノキという武器があるわけですから、これを前面に押し出した対策を進めていけば、状況は一変する可能性も残されています。
そのためにも木材市場に多くの人を集めて鹿児島県伊佐市のヒノキの素晴らしさを伝えたり、買ってもらう努力が必要になるでしょう。
現況は情報が少なくわからない点も多くありますが、情報公開に積極的になり多くの人に知ってもらえれば、対策を進めるうえでのヒントが見つかるかもしれません。

 

 
トップへ戻る