鹿児島県姶良市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

鹿児島県で生産された原木は、霧島市の隼人木材流通センターと肝属郡の高山木材流通センターで取引がされています。
そのため鹿児島県姶良市には、木材市場はないと考えられます。
しかし木材市場はないと考えられるからと言って、鹿児島県姶良市で林業が発達していないわけではありません。
むしろ鹿児島県姶良市は県内でも有数の林業エリアで、霧島市や伊佐市と並ぶ鹿児島県を代表する場所となっています。
鹿児島県姶良市は、スギの優良林が多くあると言われる地域です。
スギは古くから日本の住宅に使われている木材ですが、近年は花粉症の原因として忌み嫌われています。
しかし花粉症の原因にならないスギに植え替える作業も行われており、すべてのスギが置き換われば春に悩まされる火地も減るかもしれません。
ですが植え替えのスピードは遅々として進んでおらず、その原因は林業の衰退にあるとされています。
日本の林業は衰退が激しく、鹿児島県姶良市も例外ではありません。
林業が衰退するとスギを置き換える作業も進みませんから、すべて完了するのはいつになるかわからないとも言われています。
しかしスギが花粉症の原因であっても、日本の住宅において優良な木材になることは間違いありません。
近年は自然派住宅ブームとなっており、国産のスギを使った家を建てる人も増えています。
一時期は良質な国産材を使うより安い外国産を使う不動産会社や工務店も多くありましたが、国産材もその価値が見直されているので、鹿児島県姶良市のスギを使った家を建てる人も増えていくと考えられるでしょう。
国産のスギの需要が高まれば鹿児島県姶良市が出品する木材市場も賑やかになり、現況も上向いていくと予測されます。
木材市場が賑やかになれば日本の林業の衰退にもストップがかかり、鹿児島県姶良市も昔の賑わいを取り戻すかもしれません。
その勢いが全国に広まれば林業を志す人も増え、スギの植え替えも進んでいくでしょう。

 

 
トップへ戻る