鹿児島県長島町の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

鹿児島県長島町は鹿児島県の北西部に位置し、長島半島と言う鹿児島県の海上に突き出た半島の全域となっており、三方を海に囲まれた地域となっています。そのため産業は主に漁業が盛んであり、また温暖な気候を利用したみかんやその土壌を利用したサツマイモやじゃがいもが特産品です。土壌の性質は赤土を中心とした非常に肥沃な土壌であることから、他にはない栄養素が豊富な作物が獲れることになっており、生産量が少ないながらも全国的に有名な特産品として各地に出荷されています。
三方が海に囲まれた地形であることから、山林は非常に少なく、木材の生産はほとんど行われていません。そのため、住宅などを建築するための資材は基本的に他地域の生産品を利用しており、木材市場の現況はほとんどが消費する側に回っているのが実態です。
木材の需要には漁業に使用する船などの材料への利用も含まれます。近海でのあおさの養殖やブリの養殖が盛んであり、養殖に必要ないかだも木材で作成することが多いため、この店でも木材の需要が非常に多い地域となっています。
基本的に木造住宅がほとんどであり、また漁師街であることから比較的大きな住宅が多いのも特徴です。そのため木材の消費量が比較的多く、さらに様々な用途で木材を利用していることから鹿児島県長島町の木材市場の現況は非常に活発なものと言うこともでき、現在でもその消費量が非常に多いものとなっています。
またこの地域では畜産も非常に盛んであり、牛や豚、鶏といった家畜類の飼育も盛んに行われていることから、この面でも木材の使用が様々な面で非常に大きくなっている特徴があります。近年では牛小屋や豚小屋は鉄筋コンクリートで製造されることも多いのですが、衛生的には木造である方が非常に快適に家畜が生活できることもあり、これらの面でも木材の需要が非常に大きくなっている傾向があります。このことから消費における木材市場の現況が非常に活発になっているのがこの地域の特徴です。

 

 
トップへ戻る