鹿児島県錦江町の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

鹿児島県錦江町は全体的に木材が多く木材市場も伸びてます。
西部の海岸とその他の地域は、カルデラが形成する崖により隔てられ、
東部では大根占台地が広がってます。
南大隅町との境界線上に照葉樹林帯が広がり、稲尾岳は国の天然記念物に指定されています。

 

町のかなりの面積が森林であるため、売り手の木材市場の現況は活発です。
主に照葉樹(温帯に成立する常緑広葉樹林)が多いため、
伐採し加工しやすい木材が多く植えられていて、様々な業界で今や人気の場所です。
地価の上昇に伴い、更なる発展が見込まれます。
また、町の方針として木材産業を前面に打ち出すと宣言していて、今や人気のスポットとして
一部の企業が工場の建設を決めるなど、今後木材市場の中心となると言われています。
但し、町内では高齢化と人口減少が進んでいて、40代以上が50%を超え、人口が1万人を切る
など、生産者が減少している事への懸念があります。
そのため、町は若者を積極的に誘致していくとしてます。

 

現在都心部では、木材を伐採し過ぎた事による、地盤の揺らぎが発生していまして、
活動家による地球温暖化対策への運動、そしてそもそも森林が減少しています
ことにより、新たに木材を伐採することが難しくなっています。
木材が不足している都市部に変わって、郊外で伐採し加工するということが
活発になってきていて、需要が高く取引価格も上昇中です。
ここ鹿児島県錦江町でも、伐採し加工したものを大阪や東京などの都会で販売することが増えています。

 

また、木材を使った家具が海外でも人気であり、輸出されている所です。
そして、東京オリンピックによる新たな住宅と使用する木材の需要の増加、
地震により倒壊した建物への修繕のために使用する木材の増加、
更には、アートとして見られていて、木材でできた家具・古民家などに強い興味を得る人が増加しています。
そのため、鹿児島県錦江町の木材市場は更に活発化され価格も急激に上がるでしょう。

 

 
トップへ戻る