鹿児島県瀬戸内町の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

鹿児島県瀬戸内町とは鹿児島県の奄美群島に存在している町の1つであり、大島郡に属しています。主に奄美大島の最南西端の地域を町域とし、東西には28.8km、南北には27.8kmにわたる広い地域を有することで知られているのです。その地形は古生層からなる山地が多く、町の就労人口は農業がおよそ半数を占めています。農業よりももっと多いのが水産業ですが、外すことができないのが建設業なのです。台風などによる道路の改修や家屋の修繕の需要が多いことから、必然的に建設業が盛んであると考えられます。
このように建設業が盛んであれば、木材市場も同様に盛んだといえます。鹿児島県瀬戸内町の木材市場の現況はどうなっているのかというと、この地域ではスギやヒノキの占める割合が高くなっているのです。スギやヒノキは建設ための資材に重宝されており、およそ半数以上もこれらの樹木が占めているといっても過言ではありません。資材として活用するためには木材を加工することが必要であり、加工事業も高い割合を持っているのです。鹿児島県瀬戸内町の地域全体では林産事業を活発に展開しており、今後さらなる事業展開を目標としています。
こういった林産事業を支える労働力として欠かすことができないのが、森林組合などの認定林業事業体に所属する作業員でしょう。林業作業を行うには高度な技能を習得することが必須条件であり、優れた技術を持つ人材を確保することが大切だといえます。近年では町を離れて都会へと出ていく人たちが増えている中、人材確保が重要課題といっても過言ではありません。道路の改修や家屋の修繕には木材を欠かすことはできず、町を活性化するための産業として木材市場を活発にすることが、それを今後の展望にさらに求められるのです。そして多くの町の人たちは、その展望を実現させるために日々の業務に邁進し、木材市場のみならず町全体を活発にすることを望んでいるといえます。

 

 
トップへ戻る