鹿児島県徳之島町の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

鹿児島県徳之島町は鹿児島県奄美群島の徳之島にある町の1つです。徳之島町の人口は1950年をピークにして徐々に減少を続けており、現在では10,000人を切るようなデータもあります。その人口減少の影響を大きく受けているのが、木材への需要です。主に住宅などの建築物に使われることが多い木材は、基本的に人口が多いほどよく売れるようになります。鹿児島県徳之島町は人口が減少しているので、木材を購入しようと考える方も減っています。それゆえになかなか木材を売るのが難しいという状況にあります。ただし、町内では林業がほとんど行われていないので、町内で使用する木材は他の町から運ばれてくることになります。それゆえに売ることは不可能ではないと言えるでしょう。

 

それらを総合的に判断すると鹿児島県徳之島町の木材市場は落ち着きながらも、やや需要不足になっていると言えます。新しいメーカーがこの町で盛んに販売することはなかなか難しいかもしれません。現況ではこのような状態ですが、今後人口がますます減ってしまうと需要の減少が予想されます。また、徳之島町は島の中にある町なので木材をどうやって運ぶかについても考慮しておく必要があります。一般的には船を使って輸送をすることが重要となります。一般的に陸路で運べる場所よりもコストがかかってしまうことはやむを得ないともいえるでしょう。

 

町内では林業などがあまり盛んではないとはいえ、この町へと木材を販売している会社は半固定されているような状態にあります。新しい会社がこの町で木材販売において、新規参入していくことは容易ではありません。逆にこの町から他の町へと、木材が販売されるといったことも実質的にはあまりないのが実際のところです。木材市場は徳之島町内で完結している部分が大きいと言えます。この状態は今後も続くと考えられており、徳之島町の木材市場はそれほど活発にならないというのが大方の見方です。

 

 
トップへ戻る